メディカルフィットネス専門サイト

スポーツ中のケガ予防、早期回復なら
おおすが整形外科の
初動負荷®トレーニング

おおすが整形外科の
メディカルフィットネスの
“ここ”がすごい

POINT
01

一人ひとりに合わせた
最適な運動プログラムを作成

健康診断や体力測定などのデータを基に一人ひとりに合わせた運動
プログラムを作成します。皆さんの体力レベルに合わせたメニュー
を作成するため、無理なく運動を続けられます。また、プログラム
は最終目標に向けて段階的にステップアップしていきます。

POINT
02

トレーナーによる丁寧な運動指導

トレーナー資格を持ったスタッフがプロの視点から運動中の様子に注意を払い、
フォームや適切な運動かの確認をするため、より安全にそして効果的な運動が行えます。
親切・丁寧な指導を心がけておりますので初めての方でも
安心してご利用いただけます。

POINT
03

医療機関との提携

提携病院でメディカルチェックを行い、その結果に合わせた運動
プログラムを作成することもできます。
筋力や柔軟性、体力や疾病の状態を総合的にチェックすることでより効果的な運動プログラムになります。

POINT
04

こだわりの建築・設備

建物の設計は、佐久島アート・ピクニックで展示されている
「おひるねハウス」の作者である、
一級建築士の南川さんにお願いしました。
また、導入している設備も新しく多くの
プロスポーツ選手やオリンピック選手が活用しています。

おおすが整形外科の
施設について

BULLPEN
ブルペン

再発予防や痛みの軽減を目的に、投球フォームを録画・写真撮影することが可能です。必要に応じてフォーム修正の指導や人工芝エリアでの筋力トレーニング・ストレッチを行います。

ARTIFICIAL
GRASS FIELD

フィールド

フィールドは、芝の下にゴムチップが入っており、足腰に優しい人工芝です。アスレティックリハビリテーションによるステップ運動やランニングフォームの確認、スポーツ復帰するための最終動作確認、転倒予防のための屋外歩行なども行います。

おおすが整形外科が導入している
初動負荷®トレーニングとは

GREETING

多くのトップアスリートが
利用しています

多くのプロスポーツ選手やオリンピック選手も実践するこのトレーニングは、(株)ワールドウィングエンタープライズの小山裕史博士が発明・創案した画期的なトレーニングです。
初動負荷®トレーニングでは、心臓や身体に負担をかけずに柔らかく弾力性に富んだ筋肉を作り、関節可動域を広げ、血流促進などの身体機能を向上、改善することが可能です。
一般的な筋力トレーニングでは心拍数や血圧が上昇しますが、初動負荷トレーニング®では筋肉が適正に伸縮するための適度な負荷をマシンが誘導するため、心拍数・血圧共に上昇が少なく、高齢者から子供まで幅広い年齢の方に安心してご利用いただけます。

『小山 裕史(こやま・やすし)博士』
のご紹介

1956年生まれ。株式会社ワールドウィングエンタープライズ代表取締役、(財)初動負荷®トレーニング研究財団理事長。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程 修了。 オリンピック強化スタッフ、日本陸上競技連盟、全日本柔道連盟、日本水泳連盟などのフィットネスコーチを歴任。 1994年、初動負荷理論®を発表。動作・故障改善、初動負荷®トレーニングなどを中心にオリンピック選手やプロ選手の指導にあたる。 現在、高崎健康福祉大学保健医療学部 教授。 バイオメカニクス、神経筋制御、運動制御、初動負荷理論を専攻研究し、現在に至る。

TRAINING
トレーニング例

スキャプラー(シングル)

ハンドルに片手をかけ、手の平を外側に捻りながら胸郭を広げるようにハンドルを下げます。
肩甲骨、鎖骨を最初に動かすように意識することで、これらの部位などのしなやかな動きを生み出します。

クラビクル(シングル)

ハンドルに片手(または両手)を乗せ、弛緩した状態から鎖骨が引き上げられることで反射を起こします。
ハンドルの上下運動により、これらの動作を連続して繰り返すことができます。マシンの誘導する動作により、鎖骨と肩関節および肩甲骨が連動する動きを引き出します。

ヒップジョイント

プレートに片脚を乗せ、骨盤を内側に捻り上げながら持ち上げる動作を繰り返します。
骨盤・股関節から膝関節・足関節の連動した回転運動や、しなやかな動きを生み出します。

ペルヴィス

骨盤等を大きく捻るようにトレーニングを繰り返すことで、腰背部や股関節などを刺激し、上半身と下半身のバランスや働きを高めることができるマシンです。腰痛や膝の痛みの改善などにも効果的です。

おおすが整形外科の
有酸素運動

下半身の運動

  • レッグプレス
  • ヒップジョイント
  • インナーサイ
  • トータルヒップ

上半身の運動

  • クラビクル(シングル)
  • スキャプラー(シングル)
  • アイアンクロス
  • スキャプラー
  • プルオーバー

STUDIO LESSON
スタジオレッスン

健康な体作りには、それぞれの方の体力に適した、
そして継続可能なストレッチや筋力トレーニングが欠かせません。
当スタジオでは、クリニックを受診された方の
リハビリテーションから、アスリートの怪我や病気の予防、健康増進、
美しいボディ作りまで幅広く様々なプログラムをご用意しています。
どのプログラムも、理学療法士などの医療スタッフが
サポートしますので、安全に、楽しく運動していただけます。

Q&A
よくあるご質問

初動負荷®トレーニングと従来のトレーニングとでは何が違うのですか?
筋力トレーニングは、適切な方法でなければ、神経と筋肉の機能(相反神経支配)が崩れ、トレーニングをしているのに故障が増える、身体が硬くなる、血圧が上がる等の現象が起こることがあります。 バランスを考えないでやみくもにトレーニングをしたり、動作の最初から最後まで筋肉に負担をかけたり、筋肉を緊張させてしまうことが主な原因です。筋肉が緊張すれば神経も緊張します。
※ちなみに、皆さんの近所にあるスポーツジムにあるのは終動負荷マシンです。
医学的にも応用されているのですか?
生活習慣病予防、リハビリテーションにも有効なことから初動負荷マシンを設置する病院、医療機関は増えています。このマシンは、リラックスした状態の筋肉に適切な負荷を与えることで自然に筋肉の伸び縮みを誘発させることができます。ですから強制的な心拍数・血圧の上昇も無く、末梢の血流を自然に促し、力を出しているのに身体が軽い、心地良い等の体験ができます。疲労の回復、疲労物質の除去にも有効であることが検証されていて、様々な目的に応用できます。
どんなスポーツにも効果があるものなのですか?
バランスよく筋肉を増やす方法から増やさないで鍛える方法まで、マラソンやスキージャンプ等のように、筋肉を増やさないで筋肉と神経の機能(反射)を促進し、しなやかな動作を求めたい競技、更にその応用による負荷の設定や組み合わせによって、バランスよくしなやかな筋肉を増やす事もできます。そのため、数多くのプロ・オリンピック選手が実践するトレーニングです。

FORM
お問い合わせフォーム

当院では院長が初動負荷®トレーニングの適応を判断しております。
詳しくはご来院時に受付におたずねいただくか、お電話にてお問い合わせください。

お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
確認用メールアドレス
ご相談内容

送信完了時に自動で確認メールを送信しています。
自動返信メールが届かない方はお手数ですが、
お電話(0562-34-3400)にて直接お問い合わせください。

TEL

MAIL