Sustainability
SDGs活動

ケガ予防教室 野球編

令和4年4月16日(土曜日) ケガ予防教室~野球編~
加木屋中学校×おおすが整形外科

中学校 野球部所属の12名の方にご参加いただきました。


1:ケガをしやすい投球フォームについて学ぼう
2:自分のフォームをチェックしよう
3:ケガ予防のためのストレッチングを覚えよう
4:ケガをしにくいフォームを意識して実際に投げてみよう  
上記4つがテーマです( ^^) /~~⚾





肩・肘の構造を学び、投球時に肩・肘にどういった負荷がかかるのかスライドを用いて説明を行いました。

投球フォームチェックを〇×クイズで行いましたが皆さん見事全問正解でした☺

ペアで投球フォームのチェック👓

成長期であり身体が固くなりやすくなっているため正しい投球には柔軟性も必要になります。
・ダイナミックストレッチング
・スタティックストレッチング



上記2つのストレッチング合計7種目行い、自宅でも続けられるように資料のお渡しをしました🌞

ストレッチング後には再度ペアで投球フォームチェック👏

正しいフォームの練習として、シャドーピッチングを鏡に向かって行っています⚾

しっかりチェックができたらグラウンドへ行きキャッチボールをしながらお互いに投球フォームのチェックを行いました。


グラウンドから戻り、同じストレッチングを繰り返し行いクールダウンをし、本日の教室は終了となりました☺

職員からの指導以外にも参加者同士の声の掛け合いもとても多く、活気の溢れた教室になりました🌈

ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

感染症対策として…
参加者の方、スタッフ含めて検温・手指消毒、マスクの着用、室内の換気を行っています。
感染症対策にご協力いただきありがとうございました🌞

sss

地域元気プロジェクト(野球教室)


おおすが整形外科 地域元気プロジェクト

R5年1月21日土曜日に加木屋中学校体育館、加木屋球場にて
「スポーツドクターと元プロ野球選手と考える!スポーツにおけるケガのの予防と野球技術
~こどもたちの未来を作る~」を開催いたしました⚾🔥

この会はおおすが整形外科に隣接する東海市立加木屋中学校(校長:伊藤雅澄 様)にご協力いただき、地域の野球に取り組む子供たちと親御様に向け、医療機関主催ならではの野球教室を開催いたしました。

元プロ野球選手である石川駿さんによる野球における技術的な指導の他、自身のケガとの向き合い方や体験談、スポーツドクターである院長の大須賀と理学療法士の畑川の視点から、ケガの予防とケガからの復帰についてトークセッションを行いました。

        

運動に関わる全ての方へ向けた講演内容となっており、運動をしている本人・親御さん・指導者の方等様々な世代の方にご参加いただきました🎵

急なアクシデントでのケガは誰にでも起こり得ることがあります😢負荷がかかりすぎてしまうことで起こるスポーツ傷害等もおこってしまうことがあります。痛みや異変に気づいたら医療機関へ受診するなど、早期発見早期治療が早い段階での運動復帰に繋がるとともに、ケガをしてしまってもリハビリテーションを行うことでケガをする前よりも強いカラダを作ることが大切になります🔥
石川さんからはご自身がケガをした時の体験談を交えて、ケガをしないようなカラダを作る毎日の地道なケアの大切さや、ケガの期間のトレーニングの大切さをお話いただきました。

トークセッション後はストレッチング指導を参加者全員に対して行い、舞台上では石川さんにも理学療法士の指導の下、ストレッチングを行っていただきました🌟
       

1部にご参加いただいた皆さんありがとうございました。

続いては2部の様子です⚾

加木屋球場へ移動し、石川さんによるウォーミングアップの後にバッティング練習やキャッチの練習を行いました。

1つ1つのメニューの間には、石川さんからのアドバイスやコツを教えていただくことができ、参加した中学生の方も真剣に話を聞く様子が見受けられました。
  

最後には石川さんと中学生ピッチャーとのバッティング、ピッチングの対決も行いとても盛り上がった会になりました。
   

野球教室終了後には石川さんから、直筆サインボールを参加者全員にプレゼントしていただきました。🎁
      

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
当院ではこれからも地域の皆様の健康増進や傷害予防のためのイベント等を開催してまいります🌌